小学生

ランドセルをプレゼントする前に選び方を知っておこう

男の子

6年間使い続けるもの

現在のランドセルは色とりどりでデザインも豊富になり、昔のように男子は黒、女子は赤といった決まりのようなものはなくなり、選んで購入する時代となっています。子供が選んだランドセルは親がしっかりと6年間使い続けることを教育することが大事です。

親子

年長の夏から購入を検討

ランドセルは近年、とても早い時期から購入をしなければならないアイテムになってきています。人気のランドセルは入学する年のお正月には売り切れいている場合も多くあるのです。このため、年長になった夏にはランドセルの購入を検討し始めるのがおすすめです。

プレゼント

六年間使うもの

ランドセルの費用は、3〜5万円程度が相場です。近年は安めの物が人気を集めています。牛革などの天然皮革と人工皮革があり、天然皮革は高くて重いが丈夫、人工皮革は軽くてカラフル、安いが耐久性がやや劣るという特徴があります。親の考えだけでなく、子供の意見も尊重しましょう。

本物志向になっています

ギフト

夏にピークを迎えます

少子化の影響もありますが、最近は子供のランドセルへのこだわりが加速している傾向があります。子供にとっては、小学生の時にしか使用しませんが、親からしてみれば少しでも良い物を自分の子供に持たせたいと考えるのは当然です。そのため、以前に比べても高級志向や本物志向の特徴が顕著です。ランドセルは、値段も安い物ですと2万円程度の合皮タイプから、高い物ですと8万円を超える物まで様々です。そんな中でも、高額なランドセルから売れて行く傾向があります。高級品には、素材のこだわりや熟練度の高い職人による手作り感もあり、丈夫で使いやすさを感じます。また子供に持たせる物ですから、少しでも安全性に対する配慮や工夫のあるランドセルにしたいという親の気持ちも込められています。ランドセルは6年間の子供の成長とともに使われる物ですから、安全性や耐久性の高さが重要になります。背当てや肩ベルトなどの構造にゆとりのある設計は、ランドセル作りに精通している会社や職人によるところが大きいですので、ある程度の金額をかけても欲しくなります。ランドセルはとても高額な物ですから、流通している在庫もそれ程多くはないです。そのため、人気の値段帯で色や素材によっては、年々早く品切れになる傾向が強いとされています。最近はランドセルの購入する時期のピークはお盆過ぎと言われています。また、以前に比べますと、ランドセルは年々多様化している傾向があります。